洞爺湖町 洞爺湖の風景

洞爺湖の歴史について

洞爺カルデラは約10万年前の最終間氷期に数回の噴火を経て形成された。最後の大規模な噴火による降下火山灰は北海道から東北にかけての広い範囲の地層に見られる。カルデラ壁周辺には火砕流堆積物による台地も形成されている。
貧栄養湖で透明度は高かったが、南岸の洞爺湖温泉街をはじめとして排水の流入が増えたため、透明度の低下が著しい。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

22:04 | Page Top ▲

洞爺湖町 サミット開催場ザ・ウィンザーホテル

ザ・ウィンザーホテルについて

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ (The Windsor Hotel TOYA Resort & Spa) は、北海道胆振管内洞爺湖町(旧虻田町)、豊浦町にあり(ホテル本体は洞爺湖町側に建っている)、「ザ・リーディング・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(LHW)」に加盟する高級リゾートホテルである。2008年夏の主要国首脳会議(サミット)において首脳会議開催会場として正式に決定された。
ホテルは標高625メートルのポロモイ山の頂上にあり、東に洞爺湖、西に内浦湾を見下ろすロケーションを誇っており、その雄大な景色と高級感を売り物にし、国内外から滞在客が訪れる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

21:59 | Page Top ▲

洞爺湖町 サミット開催場ザ・ウィンザーホテル洞爺と洞爺湖

洞爺湖町について

洞爺湖町(とうやこちょう)は、北海道虻田郡にある町。2006年3月27日、虻田郡虻田町と洞爺村が新設合併して設置された町である。
胆振支庁西部にあり、内浦湾北岸に位置する。洞爺湖岸には洞爺湖温泉があり、東の壮瞥町にある有珠山、昭和新山観光の拠点としての役割も担う道内有数の観光地を抱える町である。著名な観光地は旧虻田町の区域に多く、旧洞爺村の区域には少ない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

21:56 | Page Top ▲

北海道洞爺湖町 洞爺湖の風景

洞爺湖について

洞爺湖(とうやこ)は、北海道虻田郡洞爺湖町と有珠郡壮瞥町にまたがる湖。支笏洞爺国立公園に含まれる。2007年4月23日、2008年の主要国首脳会議(サミット)開催地に正式決定。これにより日本でのサミット開催は九州・沖縄サミットに続き、再び大都市ではなく地方での開催となる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

21:54 | Page Top ▲

サミット開催地北海道・洞爺湖に決定

洞爺湖町の歴史

2006年3月27日 虻田町と洞爺村の新設合併により成立。
もともと両町村は同一の村(虻田村。旧虻田町に相当)であったが、1920年に虻田村から洞爺村が分村された。86年ぶりに1つに戻ったことになる。
町名は洞爺湖に面することより。「洞爺」の名は、アイヌ語のトーヤ(湖の岸)に由来する。
2007年4月23日政府は、2008年の先進国首脳サミット(G8)の開催地を洞爺湖町に決定。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

18:28 | Page Top ▲