トップページ >2008 北海道洞爺湖町(日)> 洞爺湖町 洞爺湖の風景

洞爺湖町 洞爺湖の風景

洞爺湖の歴史について

洞爺カルデラは約10万年前の最終間氷期に数回の噴火を経て形成された。最後の大規模な噴火による降下火山灰は北海道から東北にかけての広い範囲の地層に見られる。カルデラ壁周辺には火砕流堆積物による台地も形成されている。
貧栄養湖で透明度は高かったが、南岸の洞爺湖温泉街をはじめとして排水の流入が増えたため、透明度の低下が著しい。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

22:04 | Page Top ▲