名護市の風景

名護市について

名護市(なごし)は、沖縄本島北部に位置する市。沖縄県最北端の市である。2000年に行われたG8首脳サミットの開催地としても話題を集めた。中心市街は名護湾に臨み、背後は古生層の山地。沖縄島北部地域の中心都市で国や県の出先機関も多く、商業が活発。ラン、キクなど花卉のほか果樹・野菜栽培が盛ん。漁港があり、カツオの水揚が多く、タイ・クルマエビ養殖も行われる。沖縄自動車道が通じ、海岸は景勝地で海水浴場もある。市街地東方にある名護城址はカンヒザクラの名所で、近くには樹齢300年のヒンプンガジュマルがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

17:41 | Page Top ▲