トップページ >1999 ケルン(独)> ケルンを流れるライン川のローレライ

ケルンを流れるライン川のローレライ

ローレライについて

ローレライ(Loreley)は、ライン川流域の町ザンクト・ゴアルスハウゼン近くにある、水面から130mほど突き出た岩山のことであり、スイスと北海をつなぐこの河川でも一番狭いところにある。
ローレライ像流れが速く、水面下に多くの岩が潜んでいるため、かつては航行中の多くの舟が事故を起こした場所である。現在は幾度にも渡る工事により大型船が航行できるまでに川幅が広げられている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

16:55 | Page Top ▲