ラ・デファンスの建物

ラ・デファンスについて

第二次世界大戦後、経済成長に伴うオフィス需要の増大を受けて、パリ近郊のラ・デファンス地区の再開発が計画された。フランス政府は1958年に計画に着手した。なお、開発を実施したのは国と地方自治体によるラ・デファンス地区整備公社(E.P.A.D.)である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

07:07 | Page Top ▲