トップページ >1982 ヴェルサイユ(仏)> サミット会場 ヴェルサイユ宮殿 鏡の間

サミット会場 ヴェルサイユ宮殿 鏡の間

ヴェルサイユ宮殿 鏡の間について

儀式や外国の賓客を謁見するために使われた鏡の間は、1871年にドイツ皇帝ヴィルヘルム1世の即位式が行われ、また第一次世界大戦後の対ドイツとの講和条約であるヴェルサイユ条約が調印された場所でもある。鏡の間にはたくさんの銀製品が飾られていたというが、ルイ14世は晩年になって、スペインとの王位継承争いが続いて戦費の捻出に困り、破産を免れるためにこれらを売って戦費に充てたという。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

06:24 | Page Top ▲