東京 皇居

皇居について

皇居(こうきょ)は、天皇の平常時における住居である。
皇居の呼び名は、内裏(だいり)、御所、大内(おおうち)、大内山、九重(ここのえ)、禁中(きんちゅう)、禁裏(きんり)、百敷(ももしき)、紫の庭(むらさきのにわ)、皇宮(こうぐう)、皇城(こうじょう)、宮城(きゅうじょう)、蓬が洞(よもぎがほら)、大宮、雲の上、雲居など非常に多い。
現在は、天皇の住居である「御所」、各種公的行事や政務の場である「宮殿」、宮内庁庁舎などがある江戸城跡一帯を指して皇居と呼ぶ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

05:41 | Page Top ▲