サンクトペテルブルク エカテリーナ宮殿

エカテリーナ宮殿について

エカテリーナ宮殿(エカテリーナきゅうでん、Екатерининский дворец)とは、サンクトペテルブルク郊外の避暑地ツァールスコエ・セローに存在するロシア帝国の宮殿。宮殿の名前は、ピョートル大帝の后でもあった、第2代ロシア皇帝エカテリーナ1世に由来する。その後、第6代ロシア皇帝エリザヴェータが建築家バルトロメオ・ラストレッリに命じて本格的な増改築がなされた。特に「琥珀の間」が有名である。琥珀は、第二次世界大戦中にドイツ軍に持ち去られたが、2003年に完全に復元された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

20:31 | Page Top ▲

サンクトペテルブルク エルミタージュ美術館

エルミタージュ美術館について

エルミタージュ美術館(Эрмитаж、Hermitage)は、サンクトペテルブルクにあるロシアの国立美術館。 1990年に世界遺産(サンクト・ペテルブルク歴史地区と関連建造物群)に包括登録されている。
1764年にエカチェリーナ2世が収蔵品の収集を始めたのがエルミタージュの起源である。本来はエカチェリーナ2世専用の美術館で、フランス語で「隠れ家」を意味する「エルミタージュ」という名称もそれに由来する。当初は王侯貴族の収集品を収めるだけで、一般向けの開館はしていなかったが、1917年に一般向けに開館した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

20:27 | Page Top ▲

サンクトペテルブルク 街の風景

サンクトペテルブルクについて

サンクトペテルブルク(ロシア語:Санкт-Петербург サンクトピチルブールク)は、ロシアの都市。レニングラード州の州都である。かつてのロシア帝国の首都。ソ連時代はレニングラード(Ленинград リニングラート) であった。
モスクワと並ぶロシアの大都市で、連邦市としてロシア連邦を構成する86連邦構成主体のひとつとなっている。人口は約470万人で、モスクワにつぐロシア第2の都市。面積は1,439km²。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

20:19 | Page Top ▲

サンクトペテルブルク サミット開催時のデモの様子

20:12 | Page Top ▲

サンクトペテルブルク サミット開催時のデモの様子

20:11 | Page Top ▲