リヨン ベルクール広場

ベルクール広場について

ベルクール広場 (La place Bellecour) はローヌ川とソーヌ川にはさまれた市の中心部にある。ヨーロッパでもっとも大きな広場のひとつで、東西 300m,南北 200m の長方形。1715年以来、周囲をマロニエ並木と道路で縁取られている。さまざまなイベントの会場にもなる。地下は駐車場になっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

15:49 | Page Top ▲

リヨンの街並み

リヨンの歴史

ローマ帝国のガリア属州の植民市ルグドゥヌムとして古代から栄えた物資の集散地であり、中世には市の立つ町としてヨーロッパでも有数の交易地として栄えた。また絹織物の産地としても知られる。旧市街はユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

15:42 | Page Top ▲

リヨンの風景

リヨンについて

リヨン(Lyon、里昂)は、フランスの南東部に位置する都市で、ローヌ=アルプ地域圏の首府、ローヌ県の県庁所在地である。
リヨンの近郊にはリヨン市の人口を含め、164万8216人が住み(1999年)、都市圏としてはフランス第二の規模を持つ。
フランスにおける金融の中心地であり、多くのフランスの銀行の本店が置かれる。永井荷風が横浜正金銀行の社員として滞在したこともある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

15:40 | Page Top ▲