ラ・デファンスのサミット会議場 フランダルシュ

グランダルシュについて

グランダルシュ(la Grande Arche de la Fraternité:友愛の大アーチ、l'Arche de la Défense:ラ・デファンスのアーチ)とは、フランスのパリ近郊のラ・デファンスにある超高層ビルである。日本では新凱旋門とも称される。門のような形をしており、側面と内部は全面ガラス張りになっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

07:49 | Page Top ▲

ラ・デファンスの街並み

ラ・デファンスについて

ラ・デファンス(La Défense)とは、フランスのパリ近郊にある、フランスの経済の中心となっている都市再開発地区のことである。超高層ビルなどが多く立ち並び、シャンゼリゼ通りと凱旋門の延長線(パリの歴史軸)上に位置する。大手企業の本部やグランダルシュなどのシンボリックな建築物が集まり、パリの伝統的な町並みとかけ離れた、近代的な町並みとなっていて、パリの観光スポットの一つになっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

07:48 | Page Top ▲

ラ・デファンスの建物

ラ・デファンスについて

第二次世界大戦後、経済成長に伴うオフィス需要の増大を受けて、パリ近郊のラ・デファンス地区の再開発が計画された。フランス政府は1958年に計画に着手した。なお、開発を実施したのは国と地方自治体によるラ・デファンス地区整備公社(E.P.A.D.)である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

07:07 | Page Top ▲