東京 国会議事堂

国会議事堂について

国会議事堂(こっかいぎじどう)は、国会が開催される建物。1936年(昭和11年)に帝国議会議事堂として建設された。東京都千代田区永田町一丁目にある。
正面に向かって左側に衆議院、右側に参議院が配置されている。建物は左右対称形をなすが、議事堂内の管理範囲は純粋は対称ではなく、中央部の中央玄関、中央広間、御休所、中央塔は参議院の所管、国会前庭は衆議院の所管、国会内分館は、国立国会図書館の所管となっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

05:56 | Page Top ▲

東京 浅草

浅草について

浅草(あさくさ)は、東京都台東区の地名である。または浅草寺を中心とする繁華街の地名。旧浅草区全体を指すこともある。戦前は東京随一の繁華街として栄えた。関東大震災と戦災で壊滅的な被害を受けたが、そのたびに目覚ましい復興をとげてきた。高度経済成長期以降は山手線沿線の新宿、池袋、渋谷などの発展により、東京を代表する繁華街としての地位はこれらの地区に譲ったが、現在も江戸情緒を感じさせる観光地として賑わっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

05:48 | Page Top ▲

東京タワー

東京タワーについて

東京タワー(Tokyo Tower)とは東京都港区芝公園四丁目にある赤色(正確にはインターナショナルオレンジと呼ばれる)と白色を交互に配した塗装の集約電波塔である。配色の理由は航空障害となり得る煙突や鉄塔は頂部を赤にしたこの塗装形式である事が義務のためだと言われている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

05:44 | Page Top ▲

東京 皇居

皇居について

皇居(こうきょ)は、天皇の平常時における住居である。
皇居の呼び名は、内裏(だいり)、御所、大内(おおうち)、大内山、九重(ここのえ)、禁中(きんちゅう)、禁裏(きんり)、百敷(ももしき)、紫の庭(むらさきのにわ)、皇宮(こうぐう)、皇城(こうじょう)、宮城(きゅうじょう)、蓬が洞(よもぎがほら)、大宮、雲の上、雲居など非常に多い。
現在は、天皇の住居である「御所」、各種公的行事や政務の場である「宮殿」、宮内庁庁舎などがある江戸城跡一帯を指して皇居と呼ぶ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

05:41 | Page Top ▲