ボン大学

ボン大学について

ボン大学(独語Universität Bonn)とは、ドイツ連邦共和国のボン市にある、総合大学のことである。
ボン市(ドイツの旧連邦首都)は、ライン地方の生活様式を保ち、その芸術と文化を、今に伝えるライン川の中央部に位置している。1989年には、ローマ帝国によって町が開かれてから第2000年目の記念日を祝ったところである。町には、文化的潤いが溢れている。具体的にはベートーヴェンの生誕地があり、また旧市庁舎や毎日開いている市場、博物館があり、その他多くの歴史的建物がある。そして、数多くのドイツ国内におけるイベントの発祥地ともなっている。ボン大学は、現在135以上の異なる国から5,000人以上の外国人学生を含む合計31,000人の学生を受け入れている。学生は、カリキュラムを100以上の異なるテーマの中から選ぶことができる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

05:38 | Page Top ▲

ボンの街並み

ボンについて

ボン(Bonn)はジーベンゲビルゲ山脈の北部にあるライン川沿いのケルンの南約20 km に位置する、ノルトライン=ヴェストファーレン州に属するドイツ連邦共和国の(19番目に大きい)都市である。統一以前の1949年から1990年まで西ドイツの首都であった。人口310,930人(2002年)。
かつてこの都市には1288年から1803年までケルン大司教が暮らしていた。作曲家ベートーヴェンの生誕地・シューマンの終焉の地としても知られている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

05:35 | Page Top ▲

ボンのベートーヴェン・ハウス

ベートーヴェン・ハウスについて

ベートーヴェンの生家である「ベートーヴェン・ハウス」(Beethoven-Haus)があり、パブロ・カザルスは生前、「この家はドイツでの治外法権である」と述べている(カザルスはフランコ政権を支持する国への歴訪を生涯拒んだ。ドイツも本来は例外ではなかった)。また、中心地から少し離れたエンデニッヒにはシューマンが最期を迎えた療養所を改装したシューマン記念館があり、シューマン夫妻の墓は市街に有るアルター墓地に埋葬されている(ベートーヴェンの母や、シラーも同じ墓地に埋葬されている)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

05:32 | Page Top ▲