空から見るサンフアンの風景

今日のサンフアンについて

20世紀に入ると、市はオールド・サンフアンの市壁の外側、さらにはプエルトリコ本島にも成長した。オールド・サンフアンの南側や東側に既に存在していた入植地をものみ込んで拡大を続けた結果、サンフアンは地域ごとの多様性に富む都市へと変貌した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

04:52 | Page Top ▲

世界遺産にも登録されているオールド・サンフアンの風景

オールド・サンフアンについて

スペイン植民地時代は、都市の住民の多くはオールド・サンフアンと呼ばれる地域に住みついた。オールド・サンフアンはサンフアン島(Isleta de San Juan)の西半分を占めている。サンフアン島は122km²の小さな島で、本島とは橋で結ばれている。労働者階級の住宅地が広がり、州庁舎をはじめとするプエルトリコの中央官庁が立ち並んでいる。
今日では、オールド・サンフアンは市の歴史地区として、観光名所になっている。また、世界遺産(文化遺産)にも登録されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

04:45 | Page Top ▲

サンフアンの風景

サンフアンについて

サンフアン(San Juan)は、アメリカ合衆国プエルトリコ島の北東部に位置する港湾都市。プエルトリコ自由連合州の州都であり、最大都市である。人口は433,733人(2004年推計)で全米42位である。郊外の諸都市を含めた都市圏では人口約130万人を数える。これは島の人口の約1/3にあたる。
貿易・観光両面において重要な港湾を持つサンフアンは島の産業・経済の中心である。また、長い歴史とビーチを持ち、文化の中心・観光の拠点として担う役割も大きい。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

04:40 | Page Top ▲